ベビーシッターの仕事について

subpage01

ベビーシッターとは、個人の家や託児所などで一時的に子どもの保育や世話をする仕事で、内容としては、子どもに食事や入浴などをさせたり、一緒に遊んだり、本を読んだりすることなどが挙げられます。


また、保育園や幼稚園への送迎を行ったり、買物や掃除などの家事を依頼されることもあります。さらに病気がちな子ども(病児)の世話をする場合もありますが、このようなときには看護師などの資格を持っていることが条件になる場合が多いようです。

また、ベビーシッターには認定ベビーシッターという資格がありますが、これを取得するには全国保育サービス協会の認定試験を受けて合格する必要があります。そして、これを受験するには、この協会が指定した研修会を受講し、さらに保育に関する実務経験を持っていることが条件となります。



認定ベビーシッターの資格を取れば、保育に関する知識や技術を持っていると認められたことになるので、仕事を探すときに役立つことでしょう。
さらにベビーシッターは、乳幼児だけでなく、小学生までの子どもを対象にすることも多いのですが、その場合は家庭教師的な仕事も含まれる可能性があります。

エキサイトニュースの新しい情報です。

そして、小学生を対象とする仕事がある場合には「ベビー&キッズシッター」と呼ばれたりもします。

ベビーシッター情報選びはインターネットで行う時代です。

以上のようにこの仕事は、子どものために役立ち、仕事や病気などの事情で子どもの世話ができない親達から感謝されるようなやりがいのある仕事と言えます。
ただ、それだけに大きな責任もあるので、その点を自覚した上で仕事に取り組むことをお勧めします。